2008年11月30日

生活支援定額給付金

生活支援定額給付金とは、家計への緊急支援として、2008年10月30日に「新たな経済対策に関する政府・与党会議、経済対策閣僚会議合同会議」に盛り込まれた減税対策。

夫婦に子ども2人の4人世帯の場合

4人分の基本額4万8千円
子ども2人分の加算額2万円
→合計6万8千円

高齢者2人の世帯では4万4千円が支給される

支給方法は銀行口座に振り込むことを検討中。
住民基本台帳をもとに世帯の家族構成を調べる。


家計への緊急支援としての効果をより迅速に実現し、低所得者にも広く公平に行き渡らせるためには、給付方式によることがより適切であるとして、2兆円を限度として、2008年度以内に実施され、単年度措置として行われる予定である。

これについて、高額所得者に対し、生活支援として給付金を支給するのはおかしい、との意見もでているが、所得の上限に制限は設けない。
支払は各自治体に任されることとなった。

各自治体は膨大な作業を要するため、所得制限をすることは
実質的に難しい。



posted by kou at 13:39| 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。